カラーレスブレンダー

カラーレスブレンダーとは、色記号「0」のコピック・インクを指します。 358色のなかで、唯一色をもたないインクです。 混色の手助けや色の濃さの調整、ちょっとした修正ができる便利な存在です。

先に塗る

先にカラーレスブレンダーを紙に塗っておくことで、次に塗る色の発色を抑えて柔らかい印象にすることができます。

後から塗る

先に色を塗ったあとに後からカラーレスブレンダーを塗ることで、ふちがぼかされて濃度や雰囲気が変えられます。しみこませるほど色が薄くなるので、好きな濃さになるまで調整してください。 濃い色の後にカラーレスブレンダーを使う場合、一時的にニブに色が移りますが不要な紙に何度か塗って落とすことで汚れはすぐに消えます。

色を抜く

一度色を塗った部分に、カラーレスブレンダーのニブを押し付けるように塗るとその部分だけ色が下の紙に抜けます。 はみ出してしまった部分や色を変えたい時に使うことで、部分的に色の修正をすることも可能です。インクが下の紙にも染みることで色を抜くことができるので、必ず下に紙を敷いてください。

動画で確認