コピック

COPIC HISTORY

コピックの歴史

コピーのトナーを溶かさないマーカーとして生まれたコピックは、
長い歴史の中で様々なニーズに応じて、色数やバリエーションを増やしてきました。。

1919

いづみや創業

1919

創業者石井そよが渋谷区に画材店いづみやを開店、画材の輸入をはじめとし歩みをはじめる。

デザインの現場でマーカーという道具が根付きはじめ、いづみやでスピードライマーカーの輸入販売を開始。

1963

スピードライマーカーの
輸入販売を開始する

1968

スピードライマーカーの
国内生産を開始

1968

米国マジックマーカー社と有限会社いづみやの合弁でマジックマーカーコーポレーションオブジャパン株式会社を設立し、スピードライマーカーの国内生産を開始しました。

1987

コピー機がデザインに使用されるようになり、コピートナーを溶かさないマーカーを欲しいというニーズに応えてコピック(※)を開発、全71色の発売を開始。(※2014年以降はコピッククラシックと名称を変更)

1987

コピック発売

1989

コピック(クラシック)71色を
増色

1989

建築設計、人物画などに利用したいというニーズに応えた増色。ニュートラルグレー、トナーグレーの系統も加わり4種類のグレー展開に変更。

1991

日本の建築デザイン、欧州のファッションデザインに使用できる、G系、YG系やE系統を追加。

1991

コピック(クラシック)72色を
増色

1992

いづみやがTooに
社名変更

1992

いづみやの創業70周年を記念し、Tooへ社名を変更。同時期に、マジックマーカーコーポレーションオブジャパンも「トゥーマーカープロダクツ」へ社名を変更。

1993

漫画、イラスト作画により使いやすいブラシニブを備えたコピックスケッチ(全144色)の発売を開始。

1993

コピックスケッチ 発売

1994

コピックマルチライナー 発売

1994

コピックのインクで流れない耐水性顔料インクを採用した専用のドローイングペンとして発売を開始。

1995

マーカーを装着するだけで手軽にエアブラシ効果が得られるサポート製品として発売を開始。

1995

コピックエアーブラッシングシステム発売

1998

コピックチャオ 発売

1998

コピックスケッチのエントリーモデルとして発売を開始。当初は使いやすい72色をラインナップ。

1999_2002

マンガ、コミックイラスト用途の爆発的なニーズ拡大に応えて、漫画家やイベント会場でのヒアリングを元に大幅に増色。

1999
2002

コピックスケッチ96色を増色

2004

マルチライナーSP 発売

2004

ヨーロッパ市場のニーズに応えて、くりかえし使用できるパーツ交換可能なマルチライナーとして発売。

2006_2008

0000系の極淡色、淡色と中間色系統を追加。

2006
2008

コピックスケッチ24色を増色

2009

グッドデザイン賞 受賞

2009

「コピック」がグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞

2011_2012

アメリカのクラフトニーズに応えた色を中心に追加。

2011
2012

コピックスケッチ24色を増色

2013

コピックコレクション配信開始

2013

コピックの所有色を管理できるスマートフォン用アプリの配信を開始。

2015

イラスト入門に選定した、おすすめの12色を使用する公式ガイドブックを発行。

2015

はじめてのコピックイラスト発行

2017

コピックアワード初開催

2017

コピック発売30周年を記念し、第1回目の公式コンテスト コピックアワードを開催。

2020

コピックバリオスインクからデザインをリニューアルし、より使いやすい補充インクとして発売。

2020

コピックインク 発売