お知らせ 2019.5.9

【レポート】mizutamaさんのコピックワークショップを実施しました

コピック,mizutama,ワークショップ,copicmarkers,コピック,イラスト,文房具カフェ

2019年4月25日、都内の文房具カフェにて、人気イラストレーターのmizutamaさんをお招きしコピックを使ったイラストレッスンワークショップを実施しました。

以前から文房具カフェに興味があったというmizutamaさん。文房具カフェ店内の自由に試せるペンコーナーにコピックスケッチ全色を置いていただいているということもあり、このたびコラボワークショップが実現しました!
文房具カフェのホームページで募集したこちらのワークショップには大好評につき定員を大幅に超えるご応募があり、当日は抽選に当たった20名様にご参加いただきました。文房具カフェから提供された美味&ユニークなスイーツとドリンクを楽しみつつ、和やかにワークショップがスタート。

「コピックを使うようになってから、イラストを描くのがもっと楽しくなったんです!」

と、まずコピックの良さについて熱く語ってくださったmizutamaさん。
インクの発色の良さと、コピックのブラシならではの描きごこち・塗りやすさがイラスト初心者でも絵を楽しめるポイントだと説明していただきました。ちなみに、mizutamaさんは「見た目がかわいい」という理由でコピックチャオを愛用されています(コピックスケッチとチャオは描き心地とインクの品質に差はありません)

mizutamaさんがワークショップに使用するのに選んだコピックチャオは
RV42
B12
Y21
YG41
E31
の5色。(ほか、コピックマルチライナー ブラックの0.3を使用しました)

コピックは混色をして色を作りだすこともできるということで、色相的にもバランスのいい優しい5色をチョイス。たくさんコピックを集めているというmizutamaさんでも、「結局これらの色ばかり(使いやすくて)使ってしまう」ほどスタメンの色たちとのことです。

これらの色を使って、ごくごくシンプルな図形を描く練習からはじめます。
四角と三角をくっつけて家のイラストができたり、シンプルな丸に線を一本足して葉っぱを書けばりんご、丸をふたつ描いてくっつければさくらんぼ、などなど……図形を増やしたり、大きさを微妙に変えるだけで異なるモチーフに変身するので驚きながらも楽しみつつイラストを作っていきます。

色をいれかえてりんごを梨にしてしまったり、クリームソーダをコーラに変えたりと、同じパターンでも色を変えることでであっという間にたくさんのイラストができあがります。文房具カフェでのワークショップということで、ノートや鉛筆など文具イラストの描きかたもレクチャーしてくださいました。

家やどうぶつ、食べもの・飲みものなどの描きかたを一通り学んだ後は、新発売の「コピックコースターカード」を使ってイラストにチャレンジ!

コピック初心者さんも多いなか、どなたもとても上手に個性あふれるメッセージカードイラストを作られていました。

mizutamaさん、文房具カフェスタッフの皆様、そしてご参加いただいた皆様、ありがとうございました!現在、文房具カフェでは2019年4月25日から6月末の間、mizutamaさん描き下ろしデザインのランチョンマット&コースターも配布しております。文房具カフェではご飲食利用の方に限り、コピックスケッチ全色を含む多くの文房具(画材)を自由に楽しんでいただけます。この機会にぜひmizutamaさんの塗り絵を楽しんでみてください。

特集

Links

Page Top ▲