北九州市にて北九州アーティストレジデンスが開催されます

フェア

「マンガ」を中心としたポップカルチャーの文化拠点として知られる北九州市にて、11月9日〜22日の間、北九州アーティストレジデンス(KITAQ COMIC AiR)が開催されます。
北九州アーティストレジデンスは、海外のコミックアーティストをお招きし、ワークショップや公開アトリエを通じて市民と交流することで、「マンガの街北九州」を内外に発信していく企画です。

こちらのイベントに、マンガアーティストたちの創作活動をサポートするためコピックが協賛することとなりました。海外のマンガ文化に直接触れ合える貴重な期間となりますので、ぜひチェックしてみてください。北九州アーティストレジデンスの詳細はこちらをご覧ください。

参加アーティスト
・アンドリュー・グリフィス(アメリカ):アメリカの出版社「IDWパブリッシング」の所属アーティスト。「トランスフォーマー」シリーズのペンシラーとしても活動。
・ジュアン・アルバーラン(スペイン):主としてDCコミックスの仕事を務め、ペンシラー&インカーとして多数の作品で活躍。

運営:Meteorstreams Inc.
https://www.kitaq-air.com/

日時
2018/11/09 - 2018/11/22
終日

Page Top ▲