▼ スーパーブラシニブからインクがボタ落ちします…

●ボタ落ちの原因
ほとんどの場合、本体のスーパーブラシニブ差込部分にある気道(空気の逃げ道)が塞がってしまい、本体内部が密閉状態になってしまったことが原因です。
本体を持つと、体温で暖められて中のアルコールインクが気化しますが、気道が塞がっているとこれを逃がすことができず、本体内の圧力が上昇してしまいますので、その結果、スーパーブラシニブの先からインクが押し出されて来るのです。

●対処方法
・緊急の応急処置としては、反対側のミディアムブロードニブのキャップを外してください。
これによりミディアムブロード側の気道が開放されて内圧が下がりますので、インクのボタ落ちは止まるはずです。
・根本的な解消方法としては、スーパーブラシニブを抜き、本体の差込口の内面をきれいに清掃して、気道の詰まりを取り除いてください。できれば、新しいニブに交換していただくことをお勧めします。
新しいニブを用意できない場合は、古いニブを傷めないように丁寧に外し、差込口の内側を清掃してから差し込み直してください。改めてニブを差し込む際には、気道を再び塞いでしまわないように注意が必要です。

●インク漏れを防ぐための注意点
気道が塞がってしまう原因の大半は、本体内部でのインク漏れです。インク漏れの発生を防ぐには、以下の点に注意してください。
・インクを補充する際は、入れ過ぎに注意してください。
本体内部にある中綿のインク吸収保持量を超えて補充してしまうと、インクが中綿からあふれて流れ出して来ます。このあふれたインクがスーパーブラシ側の気道を塞いでしまうと、後のインクボタ落ちの原因となります。インクの補充量は少な目を心がけましょう。
また、ニブから直接インクを吸わせて補充する場合には、必ずミディアムブロードニブ側から行ってください。スーパーブラシニブ側からは絶対に吸わせないでください。

・製品を落としたり振ったりしないでください。
落下による衝撃や振り回したことによる遠心力が加えられた場合、本体内部でインク漏れが生じ、気道が塞がってしまうことがあります。これも同様に、後のインクボタ落ちの原因となります。
なお、程度にもよりますが、衝撃や遠心力を加えてしまった場合は、スーパーブラシニブを上にして立てて保管しておくと、インク漏れを予防できることがあります。

特集

コピックとは? コピックカラーリスト スケッチファインページ コピック・アート コピックの基本 コピックツインズ ミッフィー mizutama

Links

コピックオフィシャルツイッター コピックツインズツイッター トゥールズ コピッククリニック

Page Top ▲