▼ コピックって誰が作ったの?

誰と言うより、コピックは時代の要請から生まれました。

元々マーカーはデザインの道具として日本でも普及してきたわけですが、デジタルコピー機がデザインの現場に導入されるようになった1980年代後半、「コピー紙に塗れる」事がマーカーの条件に加わりました。
残念ながら永らくご愛用いただいてきたスピードライマーカーは、その溶剤がトナーを溶かしてしまうために不向きであり、新たにポストスピードライマーカーとして開発されたのが、皆様にお使いいただいている、トナーを溶かさないアルコールベースのコピックなのです。

この製品の開発には、永年培われてきた弊社のマーカー製造ノウハウがふんだんに活かされています。

特集

30周年特設サイト 30周年色紙 コピックとは? コピックカラーシステム コピックカラーリスト コピック管理アプリ コピック・アート コピックの基本

Links

コピックオフィシャルツイッター コピックモニター コピックツインズ トゥールズ

Page Top ▲